<エレーラのプレースタイル>スペイン代表MFの武器と欠点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ander Herrera

2014年6月27日にマンチェスター・ユナイテッドに加入して、

即戦力として活躍。その後、伸び悩んだ時期もあったが、

モウリーニョ政権下で才能が開花した移動型ゲームメイカー

アンデル・エレーラのプレースタイルについて書いていきます。

  

エレーラの身長、生年月日、国籍など、プロフィール

Embed from Getty Images

国籍、代表

スペイン代表

生年月日

1989年8月14日

身長

182cm

体重

70kg

利き足

右足

ポジション

セントラルMF

ウイニングイレブンで目立つ能力値

スタミナ:88
ショートパス精度:88
チームワーク:86

エレーラのプレースタイルとは

長所・強み・ストロングポイント

Embed from Getty Images

 

一言で彼のプレーを評すると、機動力のあるゲームメイカーといったところか。

攻撃の場面では、低い位置からワイドの展開するというより、縦横無尽に駆け回り、少ないタッチでシンプルなプレーに徹し、攻撃のリズムを作る。強くて正確なキックをけれるた、速い縦パスで攻撃のスイッチを入れることもできる。

守備の場面では、持前のヨミを生かした、出足の早さでパスカットするのを得意とする。実際、16-17シーズンの2017年4月19日時点、インターセプト数が、あのエンゴロ・カンテ(74回)よりも、エレーラ(79回)のほうが多いと話題にもなっている。

美しいプレーを披露するこは少ないかもしれないが、チームに欠かせない、「汗かき屋」である。

短所・弱み・ウィークポイント

攻撃においては、視野も、ボールスピードをコントロールする技術も、キープ力も、シュート力も特別優れているわけではなく、状況を打開できるタイプではない。特に強いキックは得意だが、繊細な、狭いスペースにドンピシャのボールを転がすことはそこまで得意ではない部分が大きな要因かもしれない。

守備においては、ヨミが外れることも少なくないため、いわゆる、突っ込みすぎる状況にも多々なる。

上記のうち、何か一つでも能力を向上させることができれば、さらに一段、上のクラスの選手に成長できるだろう。

適正システムや相性の良い相棒

上記のような弱みがあるため、キャリックのようなカバーリングに長けていて、ゲームメイクもできる相方を隣におくか、

3バックや、3ボランチにすることで、エレーラの強みである機動力を生かせるシステムにすることが必須である。

マティッチを隣に置く場合は、守備は鉄壁だろうが、攻撃に難が残る。ポグバを2列目に置くことで、攻撃の一部タスクを巻き取ってもらうことが望ましい。

エレーラのプレー動画、プレー集

エレーラのSNS(Twitter、Instagram)

+3 🔴 👍🏼

Ander Herreraさん(@anderherrera)がシェアした投稿 –

ご協力者様募集中

本サポクラでは

・思いの丈や専門知識を記事にするライター

・ブログやメルマガの編集

・観戦会やフットサルなどイベント運営

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。

もしよければご協力いただけると幸いです。

申込みはこちらから。

マンチェスター・ユナイテッドの試合を見るなら

今年もスポナビライブが全試合放送。

初月は無料なので、試しやすいですよね。

申込みや詳細が知りたい方はこちらどうぞ

その他、告知

観戦会などのイベント情報はこちら

サポーターズクラブの会員登録(無料)はこちら



【了】

イベント開催中

観戦会、フットサル大会などのイベントを随時開催しています。   

もしご興味があれば、こちらのページをご覧ください。 

ご協力者様募集中

・思いの丈や専門知識を記事にするライター  
・ブログやメルマガの編集  
・観戦会やフットサルなどイベント運営  

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。  

もしよければご協力いただけると幸いです。  

申込みはこちらから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す