<ラッシュフォードのプレースタイル>期待の若手FWの武器と弱点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15-16シーズン、突如マンチェスター・ユナイテッドのレギュラーに食い込んだ、

ユナイテッドのアカデミー出身のラッシュフォードのプレイスタイルとは。

  

身長、国籍など、基本情報

国籍

イングランド

生年月日

1997年10月31日

出身地

マンチェスター

身長

180cm

体重

70kg

ポジション

フォワード、ウイング

ラッシュフォードのプレイスタイルとは

強み・武器・ストロングポイント

一瞬の加速で相手を置き去りにし、落ち着いてゴールを決める生粋のストライカー。

その加速力とトップスピードが武器。普通なら追いつけないボールに追いつけてしまう。

元ユナイテッドFWのハビエル・エルナンデスのように動き回り相手を錯乱するというより、クロスが来そうなスペースを肌で感じ取り、一瞬の動きでフリーになってスペースに入り込み、なんなくゴールを決めている(ように見える)。

10代にしては、ボールの引き出し方もうまく、前線で孤立することも少ない。

弱み・弱点・ウィークポイント

サイドに開いて仕掛けることも得意とするため、ウイングでもプレー可能。ただ、サイドでボールを持った時は必ず仕掛けるタイプなので、そこの強引さは年齢相応。ドリブルのパターンもまだそこまでないので、今後の成長に期待。

 

ラッシュフォードのTwitter、Instagram

🙌🏾

Marcus Rashfordさん(@marcusrashford)が投稿した写真 –

本記事は、プレミアリーグのここが面白いんだよなぁから転載しております。

イベント開催中

観戦会、フットサル大会などのイベントを随時開催しています。   

もしご興味があれば、こちらのページをご覧ください。 

ご協力者様募集中

・思いの丈や専門知識を記事にするライター  
・ブログやメルマガの編集  
・観戦会やフットサルなどイベント運営  

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。  

もしよければご協力いただけると幸いです。  

申込みはこちらから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す