モウリーニョにも失敗はある?名監督に放出された後に輝いた10人の選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モウリーニョは2004年のポルトのCL優勝から始まりチェルシー、インテル、レアルマドリードでトロフィーを勝ち取りヨーロッパで成功を収めてきた

一方で「スペシャル・ワン」はこれまでに数多くのトッププレイヤーを放出してきた。

サラーもそのうちの1人である。

本記事は、Mohamed Salah, Romelu Lukaku and more players who shone after rejection by Jose Mourinhoを翻訳しています

  

このエジプト人は2016年にローマに完全移籍する前までモウリーニョが指揮を執っていたチェルシーでわずかな出場機会しか与えられていなかったのだ。

ここではロメルルカクからフェリペルイスといったモウリーニョによってクラブから放出された後に輝いた10の選手を紹介したい。

ロメル・ルカク

今シーズンモウリーニョとルカクは再び合流し、驚異的な結果を残している。7500万ポンドのストライカーはマンチェスターUの攻撃陣を牽引し、開幕10試合で11ゴールを決めている。

しかし3年前は全く異なる状況だった。その時のルカクはチェルシーからエバートンへ出場機会を求め移らざるを得なかった。

Embed from Getty Images

スタンフォードブリッジにおいてこのベルギー人プレイヤーは2度の出場しかモウリーニョから与えられなかった。しかしエバートンでは166試合で87ゴールを決めたことで今夏ポルトガル人監督は彼の再獲得を決断した。

ケビン・デブライネ

マンチェスターシティはデブライネをプレミアリーグの舞台へ連れ戻すために5450万ポンドを捻出する必要があった。モウリーニョ・チェルシーからヴォルフスブルクへ完全移籍したわずか一年後のことだった。

モウリーニョは彼を「おどおどした子供のようだ」と表現し、彼の練習での姿勢を非難した。
Embed from Getty Images
デブライネは2013-14シーズンの開幕3試合をミッドフィルダーとして起用されたにもかかわらず、同月に1800万ポンドでヴォルフスブルクへ売却された。
デブライネは2016-17シーズン、グアルディオラの元で18アシストを記録し、リーグで誰よりもアシストを決めた選手となった。彼は同様のスタイルで新しいシーズンをスタートさせている。

レオナルド・ボヌッチ

ユベントスのセンターバック、レオナルドボヌッチは当時所属していたインテルの監督だったモウリーニョに余剰人員だと見なされていた。

ユーべでセリエA6連覇を果たす前のことである。モウリーニョはこの22歳をたった340万ポンドでサンシーロから放出したのだ。
Embed from Getty Images

現在30歳のボヌッチは今年の夏、最終的にライバルのACミランに移籍したが、それまでは多くのトップクラブが彼を狙っていた。

ライアン・バートランド

現在27歳のバートランドの20台前半はスタンフォードブリッジからのローン移籍を繰り返す日々だった。
Embed from Getty Images
2012年チェルシーとバイエルンのチャンピオンズリーグ決勝でスタメンに選ばれたにも関わらず、2014年モウリーニョはこの左サイドバックのイングランド人をサウサンプトンに完全移籍させた。

フアン・マタ

その年チェルシーで2度目の最優秀プレイヤーに選ばれたマタは、そのシーズン終了時にモウリーニョがクラブに復帰すると、すぐにオスカルにポジションを奪われてしまった。
それから彼は1月の移籍期間に、このスペイン人プレイヤーをライバルであるマンチェスターユナイテッドに移籍することを許可した。
Embed from Getty Images
マタはユナイテッドで重要な役割を担うことになり、モウリーニョと再び仕事をすることになった今でもその地位は変わりない。

現在29歳になったマタは今シーズン開幕7試合の内6試合に先発出場しており、先週のクリスタル・パレス戦でシーズン初ゴールを決めた。

ダビド・ルイス

モウリーニョはダビドルイスを5000万ポンドでパリサンジェルマンへの移籍を認めた。

2014年W杯準決勝でブラジルがドイツに7-1で粉砕されるという悲劇が起こる数ヶ月前の話であったが、この事件によりモウリーニョの決断は正しかったと証明される形となった。
Embed from Getty Imagesしかしルイスはチェルシーに復帰してからアントニオコンテ監督の下で輝きを放ち、5月にチェルシーをプレミアリーグを優勝に導いた同監督にとって必要不可欠な存在となっている。

モハメド・サラー

サラーはモウリーニョ・チェルシーと契約をしたがフィオレンティーナにローン移籍をするまでに与えられた出場機会はわずかだった。

彼はローマで昨シーズン15ゴール11アシストを記録し輝きを放った、そしてリバプールへ3400万ポンドで移籍した。
Embed from Getty Images

エジプト人プレイヤーはユルゲンクロップ監督の下で開幕7試合4ゴール1アシストを記録しアンフィールドで印象的なスタートを見せている。

オリオル・ロメウ

2015年、23歳だった現サウサンプトンの選手は、600万ポンド以下でスタンフォードブリッジから去ることとなったが、今ではセントメリーズで中盤を支配する存在となっている。

Embed from Getty Images

ロメウがバルセロナを離れ、ルカクと共にスタンフォードブリッジに姿を現した時アンドレ・ビラス・ボアスはロメウには「輝かしい未来」が待っていると評価した。

またセインツの前監督クロード・ピュエルはPFA最優秀選手であるエンゴロ・カンテとこの25歳の「差はほとんどない」と絶賛している。

エゼキエル・ガライ

24歳でモウリーニョのレアルマドリーから移籍することになった、アルゼンチン代表のガライはベンフィカで印象的な活躍を見せ、バレンシアへの移籍と共にラリーガに復帰した。
Embed from Getty Images
このセンターバックはメスタージャで中心選手となり、イタリアのレポートによると今夏チェルシーへの移籍が噂されていた。

フェリペ・ルイス

フェリペルイスは2013-14シーズンのラ・リーガを優勝したアトレティコマドリーでの活躍の後、モウリーニョ・チェルシーと契約したがブルースでの試合は彼の古巣に戻るまで、1年でわずか15試合の出場に留まった。
Embed from Getty Images
ブラジル人プレーヤーはビセンテカルデロンを去った時と同じポジションを選んだが、2016-17シーズン48試合に出場しアトレティコをチャンピオンズリーグの準決勝まで導き、バルセロナ、レアルを抜いて最小失点記録を再び樹立した。

書き手:久保祐斗

イベント開催中

観戦会、フットサル大会などのイベントを随時開催しています。   

もしご興味があれば、こちらのページをご覧ください。 

ご協力者様募集中

・思いの丈や専門知識を記事にするライター  
・ブログやメルマガの編集  
・観戦会やフットサルなどイベント運営  

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。  

もしよければご協力いただけると幸いです。  

申込みはこちらから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す