マンチェスター・ダービー前におさえておきたいシティを揶揄するチャント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユナイテッドサポーター

地元のライバルと戦うマンチェスター・ダービーは、

常に緊迫した雰囲気になる。

では、ダービーでも歌われるであろうシティを揶揄するちゃんとを紹介したい。

  

もはや揶揄じゃなくてほぼ悪口なチャント

歌詞

City are sh*t and that’s a fact.
City are sh*t and that’s a fact.
City are sh*t and that’s a fact.
City are sh*t and that’s a fact.

和訳

シティはクソ、これは事実だ。
シティはクソ、これは事実だ。
シティはクソ、これは事実だ。
シティはクソ、これは事実だ。

解説

原曲はTom HarkのThe Piranhasで、ルーニーのチャントにも使われた曲です。

音源

https://www.fanchants.com/football-songs/manchester_united-chants/city-are-shit/

元曲

定番チャントにもシティ揶揄が!

歌詞

U-N-I-T-E-D
United are the team for me.
With a nick nack paddy whack give the dog a bone.
Why don’t City f*ck off home?

和訳

ユー・エヌ・アイ・ティー・イー・ディー。
ユナイテッド
ユナイテッドこそが俺のチームだ。
(特に意味なし)
シティは消え失せたらどうだ?

解説

1行目は、UNITEDのアルファベットを1文字ずつ歌います。

2行目の訳なのですが、

前置詞forのニュアンスをなかなか日本語にするのが難しかったのでここで捕捉します。

forは「~のため」という意味なのですが、

「ユナイテッドは俺のためのチームだ」と訳してしまうと、

意味が違ってしまいます。

ニュアンス的には、「(プレミアリーグにはたくさんのクラブがあるが)ユナイテッドこそが一番しっくりくるチームだ」みたいな感じです。

「自分のために用意されていたかのようにしっくりくる」みたいな感じで解釈してください!(苦し紛れ)(良い訳があったら教えてください!)

3行目は、原曲の歌詞そのままです。英語圏で親しまれている子供向けのThis Old Manという歌ですので、非常にコミカルな曲です。原曲も是非!

4行目のf*ck offという表現ですが、「失せろ」「消え失せろ」という意味です。

以前、ハリーポッターの映画を観ていたら、

ロンにちょっかいをかけてきたマルフォイにハリーが”Fuck off!”と言っていた記憶があります。

そんな感じです。シティはマルフォイなんです(ちがう

なお、This Old Manの歌詞は

Nick nack paddy wack give a dog a bone.

This old man came rolling home.

とあるのですが、3行目のboneと4行目のhomeが韻を踏んでいます。

また、チャントの歌詞では、

With a nick nack paddy whack give the dog a bone.

Why don’t city f*ck off home?

とありますが、3行目をそのまま残し、4行目もhomeで終えています。

また、3行目後半は犬に骨をやる内容なので、「骨をやるから家に帰れ、シティ!」という意味を込めているのかもしれません。

YouTube

元曲

空席の多いスタジアムを弄る

歌詞

The city is yours?
The city is yours?
20,000 empty seats,
Are you f*cking sure?

歌詞

この街がお前たちのものだって?
この街がお前たちのものだって?
20,000席も空席があって、
おいおい正気か?

解説

中東資本による大型補強が実を結ぶ以前のシティは今のような強豪ではありませんでした。

事実、1998-99シーズンにカンプノウの奇跡と呼ばれる試合でユナイテッドがチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げたシーズンを、

シティは3部相当のディビジョン2で過ごしました。

そんな中、「ユナイテッドのファンは世界中にいるが、対照的にシティは地元密着型でマンチェスター市内に多くのファンを抱える」と言われていました。

1, 2行目はそれを受けているかたちになっています。そして、3,4行目のカウンターパンチを食らわせるわけですね。

「そんなに空席があるのに、そんなわけないじゃん」

と。

ちなみに、Manchester Evening Newsはこんな調査結果を紹介しています。

「2001年にマンチェスターで行われた調査によると、マンチェスター在住のシティの年間チケットホルダーが6,678人だったのに対し、ユナイテッドの年間チケットホルダーは7,808人だった(筆者訳)」

2001年と古いデータなので、シティはその後大型補強に成功していますから、数字が逆転したことは十分考えられますが、

世界規模でもマンチェスター市内でもユナイテッドが人気だった時代はあったようです。

YouTube

イベント開催中

観戦会、フットサル大会などのイベントを随時開催しています。   

もしご興味があれば、こちらのページをご覧ください。 

ご協力者様募集中

・思いの丈や専門知識を記事にするライター  
・ブログやメルマガの編集  
・観戦会やフットサルなどイベント運営  

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。  

もしよければご協力いただけると幸いです。  

申込みはこちらから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す