【解説・動画付き】ダビド・デヘアのチャント・応援歌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユナイテッドサポーター

今回は、ユナイテッドの守護神

ダビド・デヘアのチャントを紹介します。

ビッグセーブの後には是非歌いましょう。

  

ダビド・デヘア(David De Gea)のチャント

背番号

1

デヘアのチャントの動画・YouTube

デヘアのチャントの歌詞

He’s big, he’s brave, he’s Spanish Dave.

He makes great saves, he never shaves.

He’s flying through the air.

Come and have a shot if you dare!

デヘアのチャントの和訳

アイツはデカく、アイツは勇敢で、アイツはスペイン人のデイヴだ。

アイツはすごいセーブを連発するし、ヘマはしない。

アイツは空中を跳んでいる。

来てシュートを打ってみろ、ただしできるならな!

デヘアのチャントの解説

1行目braveとDaveが、2行目savesとshavesが、3行目airと4行目dareがそれぞれ韻を踏んでいます。また、1行目でbigとbraveと、Bで始まる単語を重ねていますね。

また、2行目のshaveですが、「髭を剃る」という意味が本来の意味です(髭剃りをシェーバーと呼びますよね!)。しかし「~をかすめる、すれすれに通る」という意味もあるそうです。つまり、この場合のshaveは「相手選手が放ったシュートがデヘアの指先をかすめて決まる」という意味となり、それをneverで否定して「デヘアは打たれたシュートを触ったら、しっかりセーブする」となります。ここから上記のような訳としました。

4行目のif you dareですが、dareは「あえて~する、思い切って~する」という意味で、She didn’t dare to go.(彼女は行く勇気がなかった)などと使われます。丁寧に訳すなら、「こっちへ来て、デヘアに向かってシュートを打ってみろ。ただしそんなことができるならな!(=そんなことできないだろう!)」となり、反語的な歌詞になっていますね。

 

書き手

Twitterアカウント

ベルバトフ@berubatohu_1

プロフィール

クラブW杯ガンバ大阪戦をきっかけにユナイテッドサポに。

幼少期をアメリカで過ごしたにわか帰国子女。

英語力を生かして、ユナイテッドのチャントの和訳・解説のなどをさせていただきます。

 

ご協力者様募集中

本サポクラでは

・思いの丈や専門知識を記事にするライター

・ブログやメルマガの編集

・観戦会やフットサルなどイベント運営

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。

もしよければご協力いただけると幸いです。

申込みはこちらから。

マンチェスター・ユナイテッドの試合を見るなら

今年もスポナビライブが全試合放送。

初月は無料なので、試しやすいですよね。

申込みや詳細が知りたい方はこちらどうぞ

イベント開催中

観戦会、フットサル大会などのイベントを随時開催しています。   

もしご興味があれば、こちらのページをご覧ください。 

ご協力者様募集中

・思いの丈や専門知識を記事にするライター  
・ブログやメルマガの編集  
・観戦会やフットサルなどイベント運営  

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。  

もしよければご協力いただけると幸いです。  

申込みはこちらから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す