【地元メディアの見解】ユナイテッドに居場所がない選手は誰なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリストル戦敗戦後、数人のユナイテッドの選手のキャリアは危機的になった。

ユナイテッドはカラバオカップで敗れ、数名の選手は一月の移籍市場でクラブを離れる可能性がある。

Manchester Evening Newsの記事を加筆編集しています。

  

ユナイテッドでのキャリアは不透明

マッテオ・ダルミアンと、ブリントは、彼らの将来を深刻的に不透明なものとした。

ブリントは、前半終了間際に決定的な仕事をしたが、先制点を挙げたジョー・ブライアンのマークを外すという失敗を犯したために、ユナイテッドが2トップへ変更する要因となってしまった。

ダルミアンは右サイドバックを任された。約7ヶ月前にアレクシス・サンチェスを封じたアカデミー出身のトゥアンゼベはスタンド入りした。

「我々の選手のうちでも、」とモウリーニョは試合後語った。何人かのユナイテッドの選手のOTでの日々は、数えられるほど少なくなっているのかもしれない。

中盤の停滞

ブライトン戦はユナイテッドにとって、ポール・ポグバがいながらも国内で敗れた最初の試合であった。

そのフランス人は、際立ちを放つ選手であり、FWを活性化させ、チャンスを演出し、中盤に活力を与える。

エレーラとマティッチの欠場した際、ポグバの替えをブリントとマクトミネイがしなければいけないという事実は、

ユナイテッドが中盤に新たなダイナミズムが必要であることを、再確認させた。

ブリントが中盤として最後に先発したのは、

2015年5月のFAカップ準決勝であり、この試合でも再び苦しんだ。

モウリーニョがエレーラとマティッチを休ませるべきだった試合において、彼らを出場させることはできなかった。

イブラヒモビッチは戦力になりえるのか

ルカクがピッチに立ちイブラヒモビッチが抜けたことで、ユナイテッドの攻撃はより鋭くなり、彼の連携プレーが鋭くなると同時に彼は相手キーパーにシュートを数本浴びせた。

昨シーズン何度もあったように、イブラヒモビッチは何度も試合の流れについていけず、重要なゴールを決めることで彼のパフォーマンスをやや良いものに見せかけたに過ぎなかった。

彼が、プレミアリーグにおいてルカクから定位置を奪取することはまずないだろう。

再び苦しんだロホ

マルコス・ロホは、一ヶ月前のバーゼル戦で見事に復帰してからというもの苦しんでいる。一部リーグのチームに臆することなかった二部チームは、ロホの落ち着きを再び奪った。

どのような戦術やポジションにおいても、ロホは先月の国内での試合は全てフィットしていないように思える。

また、この試合での彼のパフォーマンスは、今後の試合でスモーリングとジョーンズを使うことを指揮官に決定づけさせてしまったかもしれない。

書き手

イベント情報

観戦会やフットサル大会など、

イベントに関する情報は【こちら】

ご協力者様募集中

本サポクラでは

・思いの丈や専門知識を記事にするライター

・ブログやメルマガの編集

・観戦会やフットサルなどイベント運営

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。

もしよければご協力いただけると幸いです。

申込みはこちらから。



【了】

イベント開催中

観戦会、フットサル大会などのイベントを随時開催しています。   

もしご興味があれば、こちらのページをご覧ください。 

ご協力者様募集中

・思いの丈や専門知識を記事にするライター  
・ブログやメルマガの編集  
・観戦会やフットサルなどイベント運営  

など、お手伝いしていただけるメンバーを募集しています。  

もしよければご協力いただけると幸いです。  

申込みはこちらから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す