【解説】敏腕代理人ライオラがユナイテッドに送り込んだ選手たち<サポーターコラム>

マンチェスター・Uの“CF騒動”が思わぬ形で終結した。

当初は、レアル・マドリーで不遇の時間を過ごしていたスペイン代表FWアルバロ・モラタが、

昨シーズン、リーグ戦28試合出場17ゴールでチームを引っ張っていたスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの代役となる見方が大半であった。

続きを読む